土浦市真鍋の保育園です
ともっこ保育園
社会福祉法人 俊真会
ともっこ保育園
〒300-0051
茨城県土浦市真鍋3-7-18
TEL:029-846-1213
FAX:029-846-1214
携帯版はこちら

当ホームページは、携帯電話やスマートフォンでもご覧いただけます。下のQRコードを読み取って頂くか、http://tomokko.com/へ直接アクセスして下さい。
(PC用とアドレスは同じですが携帯電話やスマートフォンでアクセスすると最適な表示に変更されます)。

ダウンロード

意見書(医師に記入してもらう書類)はこちら
登園届(保護者が記入する用紙)はこちら
くすり連絡票はこちら

どんな時必要なのかは、「保護者の方へ」の「感染症の登園基準」のページ「健康な保育園生活を送るために」のページをご覧ください。

情報公開
アクセス
  • 123今日の閲覧数:
  • 72昨日の閲覧数:
  • 69769総閲覧数:
  • 2019年6月29日カウント開始日:

保護者の方へ

今年度の発表会は未満児クラス、以上児クラスに分けて開催させて頂きました。
たくさんのご協力ありがとうございました。来年の発表会も楽しみですね。
あひる組の「となりのトトロ」とぱんだ組の劇「かさじぞう」のかわいい様子を紹介します。

子どもたちが率先して物作りをするうさぎ組独自の楽しい遊び。
どんな作り方でも、どんなぬり方でもそこにルールはありません。
きれいなマツボックリを選ぶ子、個性的な物を選ぶ子、色々な「色」を選ぶ子どもたち。
「十人十色」まさにその通り!「あーしなさい!」「こーしなさい!」はNOー!NO!!
「大人のレンズ」ではなく、「子どものレンズ」でのぞいてみて下さい。楽しいですよ♪

各クラス発表会本番に向けて毎日練習を行っています。
劇に使う帽子を手作りしたり、ぱんだ組さんは鍵盤ハーモニカの練習をしています。
当日は緊張してしまうこともあるかと思いますが、温かく見守ってあげてくださいね。

土浦第一高等学校定時制に在籍しているお兄さん・お姉さんとの地域交流がありました。
ZOOMを通しての素敵な交流は、夕方ちょっぴり薄暗くなった頃から始まります。(全5回程度・不定期)
友達がだんだん帰っていく頃の“すこーしだけさみしさを感じる時間”に、大きなスクリーンから笑顔のお兄さん・お姉さんが楽しいことをしてくれるので、準備の最中から子どもたちはワクワクしています。
子ども達にとって「充実した時間と貴重な経験」となっています。
第3回目の交流の様子が11月19日発行の常陽リビングに掲載されましたので、是非ご覧ください。

秋の味覚!きのこほぐしをしました。

「給食を作るお手伝いをしてね!」と伝えると子供たちはやる気満々。

食材は「えのき」と「しめじ」です。きのこはどこに生えているかクイズをしたり、自由に臭いを嗅いだりちぎったり。子供たちの素敵な表情がたくさん見られました♪

秋を探しにお散歩に出掛けました♪絵本を通して秋の植物や虫、食べ物を知ったこあら組さん。
公園に向かう道中、早速赤トンボを見つけて興味津々でした。色付いた葉っぱやドングリ、コスモスなど沢山の秋を発見できました!

“9月19日は敬老の日“今年は年長さんのみ手作りハガキを製作しました!
一緒に住んでいる人、遠くに住んでいる人それぞれですが…「いつもありがとう」「長生きしてね」とおじいちゃん、おばあちゃんに心を込めて、愛情たっぷりのハガキをポストへ投函してきました。

うさぎ組さんのひなまつり製作の様子です。ハサミ&クレヨン&のりづけがとっても上手になりました。
大きな桃の花をハサミで切ったり、綿棒スタンプで指に力を入れて優しくポンポン!!
親王台はクレヨンでカラフルに塗れました。出来上がりが楽しみですね♪

ぱんだ組さんのお別れ遠足がありました。朝から気合十分な子どもたち。
感染対策をしながら、牛久大仏の中も見学したりして「120mってこんなに高いんだ!」と様々な気づきがあったようです。
お天気にも恵まれ、水郷公園でも思いっきり遊んできました。
子どもたちにとっても私達職員にとっても良い思い出になりました。